2010年05月05日

大人の遠足

 先ほど帰宅しました。

 GW最終日の今日は、「大人の遠足」ということで、母、私、娘の母娘3世代で、「バーバラの0歳〜7歳までの思い出の地をめぐる遠足」に行ってまいりました。

 大田区の荏原病院(生まれた病院)
  ↓
 洗足池でボートを漕ぐ(母も妊婦の時に漕いだ)
  ↓
 新宿「さぼてん」(母が私をお腹に入れているときによく食べた)
  ↓
 渋谷区本町第三保育園(0歳から通った保育園)
  ↓
 かつてよく行った不動通り商店街
  ↓
 かつて住んでいた渋谷区本町3丁目
  ↓
 入学した本町東小学校(転校したので、卒業はしてませんが)

 ほぼ、30〜35年ぶりの場所ばかりまわりました。

 その間いろんな発見や冒険(?)があったのですが、保育園の、年長さんは「つきぐみ」、年中さんは「ほしぐみ」という組名が37年間変わっていなかったのは、感激でした!
 ただ、入園したときには新規開園で新品だった建物は、いまやオンボロになっていましたけれど……。

------------------------

 すんまそん、「バーバラexを創るとしたら」の続きは明日で。


posted by バーバラ・アスカ at 20:29 | TrackBack(0) | バーバラの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日・バーバラのつぶやき

barbara_asuka / バーバラ・アスカ
コミティアなう! at 05/04 14:11


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
おはようございます!さあコミティアだ\(^o^)/ at 05/04 06:06


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
あれ? コミティアは今日でしたよね? RT @haro33: おやすみなさいです〜会場は違いますが5日はお互いにがんばりましょう〜 at 05/04 06:03


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
2010年05月03日・バーバラのつぶやき | http://blog.bestseller.jp/article/148695344.html at 05/04 02:36


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
私も寝ます〜(ーー;) RT @haro33: 朝8時から仕事だから今日はこれで作業はきりあげよ・・・・ at 05/04 01:28


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
愛と、勇気だけが、と〜もだちさ〜。そのほかは? RT @knightrider777: プーと〜ティガーは〜わたしの〜親友〜。そのほかは? at 05/04 01:26

posted by バーバラ・アスカ at 00:15 | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

気になるネタふたつ。「勝間さんvsひろゆきさん」「バーバラexを創るとしたら」

 本日コミティアにお越しいただいた皆様、ありがとうございました!
 次回出版評論社サークル参加は文学フリマになります。よろしくお願いいたします。

--------------------

 さて。
 気になるネタをふたつほど。

 twitter界隈で話題になっている「勝間さんvsひろゆきさん」の件。
 私は動画でなく、こちら↓で読みました。
 http://d.hatena.ne.jp/wt5/20100503

 いろんな意味でおもしろいです!
 何というか、普段、「暗黙のルール」に従って(これは、別に悪いことではありません)議論している勝間さんと、「ルールなし」のひろゆきさんでは、どうしたって勝間さんのほうが不利になっちゃいますよね。
 ひろゆきさんは、専門用語なしのごくわかりやすい言葉で話しているから、なおさらです。

 この議論というか、対談、誰が見たってひろゆきさんの勝ちということになっちゃうのかもしれませんが、私としては「明らかに不利だということがわかっていてひろゆきさんに対談を持ちかけたのであれば、勝間さんは勇者」と思います。すごい勝間さん。ぱちぱちぱち。

 ……だけど、個人的には、わかりにくい用語を持ち出して話す人はあまり好きではありません。相手への配慮に欠けると思うので。


 もうひとつ気になるネタ。
 岡田斗司夫さんがやっている「オタキングex」。

 twitterでも話題になっていますが、これについてのいろんな人(有名無名を問わず)の反応がとってもおもしろいです。
 オタキングexについて語ることは、その人の貨幣、労働、会社についての考え方を浮き彫りにしますから。

 私個人としては、「構成員が代表者の団体にお金を払って、代表者と一緒に仕事をする」ということを奇異とは思いません。
 (注 「社員」「社長」という言葉を使っていいのかよくわからなかったので、便宜上言い換えました)

 だって、普通の会社だって、「働いて生み出した価値と同じだけの賃金」はもらえないですよね。どうしたって「会社に利益が出るように、生み出した価値よりも少ない賃金」をもらうことになるわけで。
 それって、会社にいくらかのお金を出しているのと変わらないと思います。だから、ヘンじゃない。

 で、今日、コミティアから帰る車を運転しながら、「私がバーバラexを創るとしたら、何が問題になるだろう?」と考えたのです。

 知名度とか? バーバラに月1万円払う人はいない?
 それなら、最初は3000円から始めてもいいわけですよね。足りない分は他の仕事で補うにしても、いずれ名前が売れたら徐々に値段を上げるとか。

 ふむ。

 でね、はたと思い当たったのですけれども。

 「バーバラexを創って、バーバラをFREE化したら、私バーバラはちゃんと価値を生み出す仕事をするのか?」

 うーーーーーーーーーーーーむ!

 難しい〜。


 つまりですな、仮に、バーバラex設立がうまくいったとして、お金がたくさん集まることになったとしましょう。それで私がFREE化、つまり、タダで外部の仕事を受けるようになったとします。

 そこで、私、ちゃんと締切が守れるんでしょうか?
 本の書き下ろし原稿が書けるんでしょうか?

 
 たぶん、講演仕事とか、トーク仕事はできそうな気がします。
 下調べをきちんとするのは、それほど、例えば何ヶ月もはかからないわけだし。

 でも、本の書き下ろし原稿は違います。
 すごく時間もかかるし、イヤなこともいろいろあります。
 とにかく大変なんです。

 そこで、「こんな面倒くさいこと、もうやめちゃおうかな」と思ったときに、はげみになるのは、「これを書き上げれば、お金になるんだ」ということです。
 もちろん、いろんな人の励ましや、「これを途中で辞めたらみんなに迷惑がかかる」というプレッシャーも、モチベーションになります。

 だけど、やっぱり、いちばん励みになるのは、お金です。
 お金、というより、「生活がかかっている」というやつかな。

 「生活のために何かをしてお金を得る」というのは、ちっとも恥ずかしいことではないと思います。
 そして、「生活の糧を得なければならないので、何かをする」というのは、ものすごく強いモチベーションを生みます。

 つまり。
 「その作業から直接お金が生み出されるわけではないのに、人は、その作業ができるのか」ということです。
 これ、特にその作業が「とっても大変な場合」に問題になります。

 うーん。
 他の人はどうかわからないけれど、私はやっぱり、なにかしらの対価がないと、がんばれないかもしれません。
 「お金」でなくても、「名誉」とか、「賞賛」とか。
 もしくは、「上記のものが手に入るかもしれないという期待」とか。
 でも、この中で一番わかりやすいもの、というと、やっぱりお金なんですよね。

 もちろん、何も得られなくてもがんばれる人もいると思います。
 でも、それは、私からすると「超人」の部類です。


 ここでね、「お金ってなに?」という話になるんです。

 例えば。
 あなたが大金持ちの作家さんだとしましょう。
 かつてヒットを飛ばして、死ぬまでなにひとつ不自由ない生活ができるお金があるとします。

 あなたがもし、また新作の小説を出すとしたら、「印税はいりません」と言えますか? 慣習としての話は置いておいて。

 その場合、私はやっぱり印税をもらうと思います。
 それは、「お金をもらって、お金が増えるととってもうれしい」からです。

 不思議ですね。
 なぜ、お金が山ほどあるのに、お金をもらうとうれしいのでしょうか。

--------------------

 うーみゅ。
 ここまで書いてきて、モーレツに眠くなってきました。

 すいません、明日は「大人の遠足」なんで、続きは明日にさせてください。
 この件については、責任持って、続きを書きますから!

 ではおやすみなさい。
posted by バーバラ・アスカ at 22:26 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日・バーバラのつぶやき

barbara_asuka / バーバラ・アスカ
同じやつかもね!(笑)RT @aoyama_tomoki: 吉祥寺にも出ました。 RT @barbara_asuka: 真っ昼間から立川に暴走族が。 at 05/03 18:08


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
真っ昼間から立川に暴走族が。 at 05/03 17:10


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
言い訳しているヒマがあるなら前進しろや! オラオラ。 at 05/03 17:07


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
反省と言い訳は全然違う。反省は未来の行動のためにある。言い訳は過去の行動のためにある。やっぱり「言い訳するヤツ」っていうのはダメだね。いろんな意味で。 at 05/03 17:06


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
おお!同じ方がここにも!! わかります(^-^) RT @miyurin0220: 私も、自分が書いたものを読んでシアワセ〜になります。自分が映ったビデオは挙動不審でダメだけどww at 05/03 09:10


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
「有料」というのは、人のモチベーションを上げる効果があります。そして、料金が高ければ高いほど、モチベーションは上がります。暴利とか悪徳とかいう以前に、これは事実なので仕方ありません。イヤならそのサービスを買わなければいいだけの話です。 at 05/03 08:52


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
今日は体調悪いけれど、アタマは絶好調! いろんな意味で(笑)。 at 05/03 08:35


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
私、叱られる人は選びます。世界中の人の言うことなんて聞いてられねーっつーの。みんなの意見なんか取り入れていたら、自分が迷子になっちゃうよ? at 05/03 08:33


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
恥ずかしながら、私、自分マニア。自分のことを撮ったビデオとかブログとか、観たり読んだりするのが楽しくて仕方ありません。ウフ。でもとりあえず痩せよう! at 05/03 08:29


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
でこに冷えピタ貼って、さあ仕事。今日は「遊びの仕事」ではありません。 at 05/03 08:16



barbara_asuka / バーバラ・アスカ
「ヘタの壁」とは、初心者が自分のヘタさにへこみ、創作を続けられなくなるという、創作者なら誰でも通過しなければならない関門。コレ、たぶん私が最初に言い出したことなので、ここで宣言!(笑) みんな、がんばって、ヘタの壁を越えようぜ! at 05/03 08:04


barbara_asuka / バーバラ・アスカ
おはよーん。でも具合悪い…(ーー;) at 05/03 07:35

posted by バーバラ・アスカ at 00:15 | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

ヘタの壁

 表現をしようとか、これから何かを始めようという人は、「理想を低く持つこと」がとても大事だと思う。

 最初は誰でもうまくできない。
 それなのに、素晴らしい作品とか先達を目標にしちゃうと、「オレはダメだー!」ビリビリ!!(やぶく音)ということになっちゃう。
 そのうち、自分のヘタさに耐えられなくなって、創作や努力をやめちゃう。

 つまり、「ヘタの壁」というやつが超えられなくなっちゃうわけです。 
 「ヘタの壁」は、たぶん私が最初に言い出した概念だと思う。ググってもヒットしなかった。ウフ。


 初心者のうちは、 「このくらいでいいや」と理想は低く持ち、まずは作品をつくったり手を動かしたりすることを優先する。
 だんだん慣れてきたら、「良いもの」をつくるよう努力する。

 この切り替えというか、スライダの動かし具合が大事だと思います。
 物事はスライダで考えましょう!

 ご都合主義で結構じゃないですか。
 クリエイターにとっては、まずはモノをつくることが最優先事項であって、その他はいずれも重要ではありません。
posted by バーバラ・アスカ at 08:08 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。