2010年06月24日

続・司馬遼太郎『夏草の賦』

100624書評1コマ.jpg


 ※ポッドキャスティングとブログの内容はほぼ同じです。


 昨日に引き続き、司馬遼太郎『夏草の賦』です。

 司馬さんはとにかく人物を魅力的に描く作家として知られていますが、この『夏草の賦』でも魅力的な人々がいっぱい登場します。

 たとえば、ヒロインの「菜々」。
 もー、菜々、という名前だけでなんというか、司馬さんのスゴさがわかります。古くさくないじゃないっすか(いや史実なのかもしれないけどさ)。

 もし、まだ司馬さんが生きていたら、ライトノベルを書いてもイケたのではないか、と思うくらい、司馬さんの書くものは古くさくないし、古くさくならない。超時代的な感覚をお持ちの方だったんですね。

 というわけでヒロインの菜々。
 
 美少女なのはもちろん、おてんばで気が強くてドジっ娘でおっちょこちょいで。
 もー、若い娘の魅力を詰め込んだような女の子なんですよ!(ただしツンデレではありません)

 この菜々、冒頭からいきなり登場します。
 で、美濃から土佐の長宗我部元親のところに嫁に行け、と言われるわけなんですが。
 当時、美濃から土佐に行くなんて、戦前の外遊と同じようなもんで、下手すっと一生会えない、いや一生会えなくて当たり前くらいの遠い国、と思われていたわけです。それと、戦国という時代もありますんで、嫁取り婿取りをしていてもいつ敵になるかわからない。

 そんな遠いところへ嫁に行け、と言われた菜々は、「女って、たいくつ! 変わったところに行って大冒険したいの!!」(超超意訳)と行って、意気揚々と土佐に嫁にいくわけです。

 とにかくこの作品は女性が魅力的!
 土佐、というお国柄もあるのでしょうが、どの女性も勇気があっていさましくて大酒飲みでおてんば。

 男性はどーか知りませんが、私はそういう女性、好きだな〜。

 この作品のテーマは、昨日USTREAMでお話ししたとおり、「人間の情熱」なのですが、こういう、文豪ならではの魅力的な登場人物をただ楽しむ、というのも充分アリですよ☆

 そんなわけで、司馬遼太郎『夏草の賦』、今ハマってます。


夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)

夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: 文庫



夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)

夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: 文庫



posted by バーバラ・アスカ at 09:18 | TrackBack(1) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

司馬遼太郎『夏草の賦』

 USTREAMでネットラジオをやってみました。
 トークがまだまだなのはともかく、いきなり「文春文庫」を「新潮文庫」といいまつがえる大失態。『夏草の賦』は、文春文庫です。すみません。

 USTREAMでネットラジオというのもなかなかオツなので、またやってみようと思います。よろしくお付き合いください。

 http://www.ustream.tv/recorded/7843373
 (↑クリックすると、配信ページが開いて再生が始まります)

 『夏草の賦』の主人公は土佐の国主、長宗我部元親です。
 この主人公、なかなかひねくれていてバーバラ好み。
 バーバラは『龍馬がゆく』の龍馬のようなさわやかな男性はお好みでありません(笑)。

 彼の情熱の燃え上がりと消滅を味わう本です。
 どっちかというと、若い人より、ちょっと年配の人向きかも。


夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)

夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: 文庫



夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)

夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: 文庫



posted by バーバラ・アスカ at 23:35 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創作することと、発信することは違います。

 売れていないクリエイターさんの話を聞いていて、気になること。
 「そもそも創作をしていないのではないか」と思うことがよくあります。

 私は職業柄、ライターさんとか作家さんに会う機会が多いので、その例でお話ししますが、今みんな、大変な状況で、仕事が減ったりギャラが減ったりしています。

 でも、だいたい、そういう人ほど、創作や仕事の時間がめっちゃ短かったりするんですよね。
 「だって仕事がないし」なんて言う人は、サラリーマンか公務員にでもなるべきです(誤解のないように言いますが、私はサラリーマンも公務員も素晴らしい職業だと思っています)。
 「仕事を与えられたい人」は、クリエイターには向きません。

 仕事はもらうものでなく、作るものです。

 そもそも、やりたいことがあるからフリーランスのクリエイターになったのでしょ?
 仕事が減ったら自分のやりたかった、書きたかった、原稿を書く。
 新しい勉強をはじめてみる。
 やるべきことは山のようにあります。

 サラリーマンだって、1日8時間はしっかり仕事しているんです。
 だから当然、クリエイター、例えばライターさんや作家さんだって、最低1日8時間仕事や勉強をするべき。
 それもしないでただ「仕事がない」「お金がない」と言われても、当たり前でしょ、としか返事ができません。


 で。
 先日、ここまでは書いたような気がします。

 さらに、クリエイターにはしなくてはいけないことがあるんですね。
 
 それは、「発信する」こと。

 ど〜も、「創作をする」ことと「発信すること」をごっちゃにしているクリエイターさんが多い気がするんですよね。

 コツコツ創作をするクリエイターさんで売れていない人は、なんか「創作はするけど発信はしない」タイプが多い、というか、ほとんどの気がします。

 「発信すること」と「創作すること」は違います。

 発信してはじめて、創作物は人に知ってもらうことができるんです。
 みんなもどんどん発信しなくっちゃ!
 昔ならともかく、今はタダで発信できる方法もいっぱいあるし、自分で本を出したりすることだって簡単です。
 とにかく発信して知ってもらわねば、その作品や原稿は、「存在していない」のと同じ。

 「創作」と「発信」、この2つをちゃんとしているクリエイターさんは、成功する確率がかな〜り高いことは断言できます!
 もちろん、創作物が素晴らしいことは、大前提です。それは当然。あたりまえです。

 「サラリーマンより仕事が多い」?
 「8時間も創作や仕事や勉強をして、さらに発信するのか」?

 当たり前だろー!!!
 好きなこと、やりたいことやって、さらに人よりラクしてお金がもらえたり有名になれるわけがねーだろが!
 いい年こいたクリエイターさんでも、バブル期にデビューした人とかは、そのへんのことが未だにわかってなかったりして困ります。

 みんな、がんばっていこうぜ!
 がんばらないヤツは餓死あるのみ。

 さてさて、最近、もうひとつ「クリエイターで成功している人の共通項」を見つけたのですが、それはまたの機会に。
posted by バーバラ・アスカ at 10:26 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先日聞いたココロ暖まるハナシ

 先日のハナシですけれどもね。

 私が近所のスーパーで日々の買い物をするべく、並んでおったのですよ。
 そこで後ろに並んだ20代前半とおぼしきカップルの会話。

 男子「実家にいるときはそんなこと考えなかったけど、朝、『今朝はコーンフレークがある!』と思うだけですっげー幸せなんだけど。バナナもある!とかさ」
 女子「ホテルブレッドとかも買っちゃったよね。ゼータク、ゼータク♪」

 わたしゃ感激というかこのカップルの大ファンになってしまいましたよ! おもわず1000円あげそうになりました。

 朝、かんたんに食べられるものがあるだけで幸せ、なんて、すばらしいですよね。
 すぐに不幸ぶる人たちが多い昨今、大変よきハナシを聞いてしまいました。
posted by バーバラ・アスカ at 09:23 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

演出のオハナシ



 今日のオハナシは「演出」のオハナシ。

 いや〜、演出って、奥が深いわ。
 おんなじテーマ、モチーフでも、演出とバリエーション次第で、おもしろく見せられるんだもんなあ。
 「おもしろいワンパターン」を作る秘密は、そのあたりにありそうです。

 昨日読んで、その演出ぶりに驚嘆したマンガ↓
 これはタイトルもいいけれど、中身もおもしろい。というか、うまい。
 この演出は、小説家や脚本家を目指す方はぜひ学んでほしいです。

 話自体は「難病で20歳までしか生きられないという主人公と幼なじみの彼女の話」という、ワンパターン以外のナニモノでもない話なのですが、抜群の演出で素晴らしいストーリーになっています。
 映画化もされています。

 男性はどうか知りませんが、女性にはびりびりくるストーリーです。
 女性にびりびりくるストーリーを書きたい方は必読。


僕の初恋をキミに捧ぐ 1 (フラワーコミックス)

僕の初恋をキミに捧ぐ 1 (フラワーコミックス)

  • 作者: 青木 琴美
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/12/20
  • メディア: コミック






posted by バーバラ・アスカ at 09:02 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。